大好きで大切な私のスーパーヒーローさん

素敵な笑顔がたくさん咲きますように

幸せを忘れないように

I/O th Anniversary Live Tour 2017 in横浜アリーナ 

2017/09/16 2部での出来事。 

 

自己満です。

 

先に言っておきます。

 

完全なる自己満です。

 

 

この日は八乙女担の妹名義で唯一ツムツムしないで入れた公演。

チケットが手元に届いてからどこだろうね〜期待しないでおこうね〜なんて話ながら当日も期待せずにいざ発券!

オブジェ撮る前に見ようという事になり妹とせーの!でひっくり返した瞬間

 

私の目に写ったのは

 

センターの文字と1列の文字

 

え…と驚きのあまり泣く私と歓喜の叫びをあげる妹。

 

なんて対象的な反応をする二人なんでしょうか…

 

これでも姉妹です…

 

というのはどうでもいいので置いといて…

 

泣きながらもう無理〜と一通り泣いたあとしっかりオブジェを撮りいざ座席の確認!

 

まずはブロックがどこの辺りなのかを確認!

 

そしたら

 

まあ後ろのブロック…

 

それ見た私はつい

 

"あ〜何だ後ろか…だめだこりゃ"

 

それ聞いた妹

 

"急に現実見るの辞めて(笑)

 

"ごめん(笑)でもまあいいや〜行こう"

 

まあこの会話から察していただける通り

 

私少しテンション下がってます。

 

期待してよかったことが今までの経験上なかったのでテンション下がったまま席へ…

 

そしたら

 

なんと

 

まさかの外周真横

 

信じられなさすぎて2人して何回も確認…

 

"いや、これ合ってる?

怖い怖い嘘でしょ?え…お前すごい"

 

と全力で妹に感謝。

 

それと同時に私の名義のクソさに苛立って

謎に半泣きで妹に

"私の名義北スタンドと東スタンドしか当たったことないのになんでこんな良い席当たるのなんなら今回全滅だしもうありがとう"

 

と理不尽にキレながら感謝を述べる私

 

それ見て笑う妹

 

運の良いやつの余裕を感じた

 

なんだろうこの敗北感は…

 

それでももちろんちゃっかり外周真横のお席を光くん来たら変わるからと言いくるめてキープ。

自分が当てたわけじゃないのに

ゴメンな妹よ…(笑)

 

そんなこんなで始まるまでドキドキ…

 

しかしここで問題…

 

開演間近になり続々と入ってくるヲタクたち

 

もちろん気になるのは…

 

そう!

 

周りに同担がいるかどうか!

 

横は後ろは前は誰担が来るかなと

見てるとなんと

 

見事に

 

後ろ横、前すべて

 

山田担

 

しかもみんな可愛い

 

はい、おワタ〜

 

ということは

 

はい、そうです。

 

ネガティブ女すぐ現実見る~

 

そして諦めが早い~

 

"終わったわ。みんな可愛いし前の山田担若いから無理だわ…お前を光くんに気づかせることに専念するわ…"

 

それ聞いた妹

"大丈夫だ、お前あれに負けてると思ってるの?お前の顔面のほうがまだマシだしあの人のカンペは黒で書いただけお前のはカラフルだから諦めるのはまだ早い"

 

いやいや、死ぬほどディスるじゃん?!

しかもめちゃくちゃ苦し紛れに慰めてくるじゃん?!?

口悪いし慰めになったないしで今考えても

ウケる

 

そんな慰めを受けたけど

 

テンションはそのまま

 

全力で矢印を振る準備。

 

さぁいざ始まった。

 

震えが止まらん涙が止まらん

 

けどそんな私にはやるべきことが!

 

そう!

 

光くんを妹に気づかせる準備!

 

ツムツムして前日に入ってた事もあり初っ端から外周に来る事を把握していた私

全て妹に伝えうちわの準備をさせる…

そして言ったとおりやってくるJUMPたち!

 

狙い目はバクステからのメンステに戻るタイミング!

そしてお目当ての光くんが来た瞬間

 

全力で光くんを呼ぶ妹と全力で矢印を振り風邪で出ない声を振り絞り光くんを呼ぶ私

 

そしたら

 

光くんその声に気づく

そしてうちわにも気づく

そして完全に妹をロックオン

 

この一連の流れを見ていた私

 

お!これはやってくれるなと確信したとおり

 

光くんやってくれました!

 

 

お手振りからのバーン!

 

歓喜

 

去年初参戦だったのに光くんが全然来ないという大事件が発生していた妹のために

今年こそはと密かに妹が光くんからファンサを貰えるようにと思ってた私も歓喜

 

やったね〜良かったねぇ〜と

抱き合うふたり!(今思うと気持ち悪い…)

 

興奮冷めやらぬ妹

 

"光くん団扇に気づいて手を振った後バーンしての団扇にも気づいてバーンって言いながら撃ってくれた!!"

 

と興奮しながら事細かに教えてくれました。

 

良かったな。

姉は見てたよ。全部。嬉しいよ。

 

光くんありがとうな!!!!!

 

 

まあ、そんなこんなで

 

のっけから素晴らしい滑り出し

 

そしたらなんと

 

私にも奇跡が…

 

光くんを呼んだ事で完全に声が出なくなる…

元々朝から風邪を引いてて出ない声。

起きたときに盛り上がってない

楽しくないと思われたら申し訳ないな…

と思い

即席で小さめサイズのカンペそして黒ペンだけで

"風邪引いて声出ませんごめんなさい><"

全力の謝罪通り越してもはやネタ

このカンペを持ちながらぼーっとペンラだけ振って静かに楽しみながら

やまだくんを見てたんだけど

ずっと後ろ向いてて

なんだよ~ずっと後ろ向いてやがらぁな〜

と不貞腐れて視線を隣に移したら

 

裕翔くんとバッチリ目が合う

 

そしたら

 

なんと

 

口パク

 

"だいじょうぶ?"

 

と聞かれる…

 

私驚きすぎて

 

まさかすぎて

 

全然大丈夫じゃないのに

 

"(無言で全力で頷く)"

 

首取れるんじゃないかぐらい頷いた

 

そしたら裕翔くん

 

めちゃくちゃ優しい顔で

 

そっかて感じで

 

頷き返してくれる…

 

なんだこりゃ

 

優しすぎだろ…

 

惚れるわ…

 

胸キュンだわ…

 

私は驚きすぎて信じられなすぎて妹に

"今の見てた(カスカスの震え声)"

 

と聞いたら

 

"お前が大丈夫?て聞かれたあと何したか見てなかったんだけど優しい顔で頷き返してておぉ〜!!ってなった!!!"

 

大興奮

 

私より興奮してました。ウケる。

 

 

他担なのにゴメンなさい。

だけど久しぶりの胸キュン体験でした

ありがとう裕翔くん。笑

 

この話をすると降りようと思わなかったの?っ聞かれることがあるんだけど

降りるとかそんなんじゃなくて

普通に恋に堕ちた

あれはずるい。反則。

この日から裕翔くんは完全にリア恋枠

すっごいチョロいな自分

 

 

とまあそれは置いといて

 

一時の胸キュン体験をし

好調な滑り出しそのまま何曲かノリノリですぎ来ました。

そしてきましたファンサ曲。

ここでもやってくれます中島裕翔!!

 

(そろそろ山田涼介構ってくれよ)

 

ファンサ曲で

"思いっきり抱きしめて下さい!"

という痛すぎるカンペを棒立ちで持ってたら

裕翔くんと

またまた目が合う

 

そしたら裕翔くん私の目の前

 

カンペを見てから

 

"指差し👉

からの全力のエアハグしかもキス顔付き"

 

びっくりしすぎてその場で震え上がった

何より赤のトップスガッツリきてるけど私でいいんか?!?て裕翔担に申し訳なかった…

 

けど可愛かったです!裕翔くん

めちゃくちゃ全力でした!!

すごかったです!!ごちそうさまでした!!(偏差値0の感想)

 

そんなこんなで

自担じゃないのに

2回も構ってくれる裕翔くん。

 

けど

 

ここまでくると欲が出てくる。

やまだくんにあるカンペを見せたい…

 

そしたら

 

ついに!やまだくんが外周に!!

妹が必死に呼ぶ!

私は声が出ないから全力でお願いこっち向いてと祈るようにカンペ団扇握りしめてた

 

そしたら

 

手を振りながら私を見るやまだくん。

 

''(ん?目があってる?(泣)うぇ?カンペ読んでる?(泣))''

でも私手振ってないから違うよな…

と自信なさすぎ女確証が持てない…

半泣き状態で妹に確認。

しかしここで

 

事件

 

妹の説明下手すぎ問題発生

 

話的に妹だけにお手振りしたと勘違いした私

妹にブチ切れる

 

しかもめちゃめちゃ口が悪かった…

 

いやあのときはごめんほんとに

(全力土下座)

 

 

この状況では説得不可能と冷静に判断した妹

ブチ切れる私をとりあえず一旦放置

 

その後しばらくたった後

しっかりと妹ご説明してくれました…

''涼介!"って呼んだら振り返って

私に手振ってきたから手を振り返しあと

お前のことを指差したの!

そしたら最初わからなかったみたいで

"ん?"て顔したあと

お前に気づいてあ!て顔してお前に手を振りながらずっとカンペ読んでたよ!''と…

ん?って顔してたのも私に気づいて目合わせて手振ってくれてたのもカンペ読んでる?って感じたのも

 

すべて

 

嘘じゃなかった勘違いじゃなかったと

 

確信に変わった瞬間でした

 

勘違いブチ切れ事件はありましたが…

 

なんとか

 

あの狭い視界に妹のおかげで入れ

 

カンペ読んでもらっただけでなく

 

お手振りまで貰えるという

 

ラク

 

そして何より前にいた同担ガン無視して私のカンペを読み終わるまで見てくれてたのが嬉しかった…

 

これは数秒独占したってことでいいですかね…

 

やまだくんありがとう。

 

とんでもないほどに

 

幸せだと感じましたこの時は…

 

他の人からしたらこの出来事は小さな幸せなのかもしれないけれど運のない私からしたらこれは身に余る程の幸せ。

誰にファンサもらうよりやっぱり私はやまだくんが私のことを気づいてくれたほうが嬉しいな改めて感じた瞬間でした。
 

まあこんな感じで一通りまとめたけどこの通りなんだかんだで大勝利で終わった私的ツアーオーラス!

ただの自己満でしかないタラタラ書いただけのやつで自担以外からもファンサ貰っててただの自慢かよとムカついた人もいるかもしれないがこの幸せな日から2日後に熱を出しこの1週間後に家の鍵を落とし未だに見つからずときっちり幸せ分の代償はもらったので許してください()